ピル薬の良さを訴える女性 避妊薬の説明を聞いて嬉しがる女性 ピルジャムセッションのイメージ

新着情報

◆2015/10/22
ピルをやめるとホルモンバランスが乱れるの情報を更新しました。
◆2015/10/21
アフターピルの制限時間は72時間以内の情報を更新しました。
◆2015/10/21
ピルの役割と安全性の情報を更新しました。
◆2015/10/21
ピルは目的によって必要量が異なるの情報を更新しました。
◆2015/10/21
ピルは様々な効果が魅力の情報を更新しました。

低容量ピルの効果や副作用

Pocket

避妊方法はいくつかありますが、避妊を希望する女性はピルという経口避妊薬を服用しています。
避妊効果が高くて安全な薬なので多くの女性が使用していますが、避妊するために使用するのは低容量ピルとなっており、毎日飲み続けると100%に近い避妊効果があります。
ピルには女性ホルモンが含まれていますので、飲み続けると排卵が行われなくなります。

黄体ホルモンと卵胞ホルモンが混合した薬ですから、服用している間は生理はストップする事になります。
ピルの種類によってはきちんと生理がくるという事もあるようです。
生理不順を直したり、生理前の体調不良を軽減したりという効果もあり、子宮内膜症への効果もありますので、治療という観点でも注目する事ができます。

すごく良い薬だという印象がありますが、低用量ピルは血栓症になるリスクもあるので気を付けなければなりません。

薬剤を注射器に注入している様子
血栓症というのは、血管の中に血の塊ができてしまうという症状ですが、重症になると血の塊が血管を塞いでしまいます。
血栓症だけではなく、脳梗塞や心筋梗塞が起きる可能性もあるため、ピルを服用する際は副作用に注意しなければなりません。

年齢や病歴はモチロン、喫煙も関係しているようですから、リスクが高い方に対してピルは処方されないという事もありますので、ピルの通販も気をつけましょう。
ピルの副作用は、確率的に少ないといわれているようですが、体質も関係するはずなので、定期的に検査を受けるようにしましょう。

Pocket

▲PAGE TOP