ピル薬の良さを訴える女性 避妊薬の説明を聞いて嬉しがる女性 ピルジャムセッションのイメージ

新着情報

◆2015/10/22
ピルをやめるとホルモンバランスが乱れるの情報を更新しました。
◆2015/10/21
アフターピルの制限時間は72時間以内の情報を更新しました。
◆2015/10/21
ピルの役割と安全性の情報を更新しました。
◆2015/10/21
ピルは目的によって必要量が異なるの情報を更新しました。
◆2015/10/21
ピルは様々な効果が魅力の情報を更新しました。

ピルは目的によって必要量が異なる

Pocket

低用量ピルというのはよく耳にすると思いますが、高用量のピルは大量のホルモンを投与する事になりますので、ホルモンバランスをくずしてしまったり副作用が出たりする事もありますので、注意しながら服用しなければなりません。

低用量ピルは避妊するために服用するのですが、ホルモンバランスを整えるためにはピルの量を増やさなければなりませんので、婦人科で相談するようにしましょう。
ホルモンバランスを整えるために、高用量のピルを服用したり、ピルの量を増やしたりしてしまうと、逆にバランスを崩してしまう可能性もあります。

最近お肌が荒れてきたと鏡を見ながら気にする女性

むくみが生じたり体調がおかしくなったりという様々な症状が出ますので気を付けましょう。

低用量ピルは避妊用として活躍

ホルモンバランスを整えるために必要となるのは、中用量・高用量のピルとなります。
避妊効果は変わりませんが、避妊目的であれば低用量で充分だという事で低用量ピルが開発されたと言われています。
避妊目的であれば低用量を、ホルモンバランスの乱れを改善するのが目的なら中・高用量のピルを処方してもらう必要があります。
副作用が起きる事を知らずに、高用量のピルを服用し、ツライ思いをするという方もいらっしゃるようですから、しっかりと医師に相談して処方してもらうようにしましょう。

医師に処方してもらい、何も問題なければ通販でピルを購入してもいいと思います。
ただし、通販で購入する場合は、何か問題が起きても自己責任になるはずなので、不安な方は医療機関で処方してもらうといいでしょう。
ホルモンバランスは、ストレスや生活習慣の乱れが関係している事も多いのでピルを服用する前に生活を改善しましょう。

Pocket

▲PAGE TOP