ピル薬の良さを訴える女性 避妊薬の説明を聞いて嬉しがる女性 ピルジャムセッションのイメージ

新着情報

◆2015/10/22
ピルをやめるとホルモンバランスが乱れるの情報を更新しました。
◆2015/10/21
アフターピルの制限時間は72時間以内の情報を更新しました。
◆2015/10/21
ピルの役割と安全性の情報を更新しました。
◆2015/10/21
ピルは目的によって必要量が異なるの情報を更新しました。
◆2015/10/21
ピルは様々な効果が魅力の情報を更新しました。

ピルの役割と安全性

Pocket

経口避妊薬として知られている低用量ピル。
毎日飲み続ける事で、100%に近い避妊効果が得られますので、服用している女性は多くなっています。

  • 結婚する前に妊娠してしまったら困る
  • 今はまだ子供はいらない

恋愛すると、性的な行為もするわけですから妊娠してしまう可能性はあります。
男性だけに避妊をお願いする事も可能ではありますが、コンドームだけでは不安です。

万一、妊娠してしまったら男性に責任を取ってもらうという感じになるケースも多いようです。
授かり婚でもできれば良いのですが、無理だと断られてしまえば大変な事になってしまいます。
自分でもしっかりと避妊の事を考えなければならないと思いますので、ピルを服用する事がオススメされています。

ピルを飲んではいけない人

頭を右手で抱え込みながら頭痛に悩む女性

低用量ピルは比較的副作用のリスクが少ないので、あまり不安にならなくても良いのですが、血栓症になるリスクがあるため、喫煙者や持病がある方にはオススメする事ができません。

基本的には医療機関での処方となっていますので、医師に相談する事ができるのですがピルは通販でも購入する事ができるため、注意しなければなりません。
服用して体に異変を感じた場合は、すぐに服用を中止して、医療機関を受診しましょう。

通販でピルを購入し、服用する際は自己責任となりますので、副作用のリスクはしっかりと把握しなければなりません。

Pocket

▲PAGE TOP